葬儀コンシェルの口コミと評判!葬儀内容を詳しく解説します。

\規模の小さいお葬式なんでも相談/




葬儀コンシェルとは。

葬儀コンシェルは、株式会社エドリッジが全国展開する葬儀サービスのことで
全国に展開し、離島などを省けば、ほとんどの地域が網羅されています

葬儀コンシェルは、近年増え始めた「小さな葬儀」から「本格的な葬儀」まで安い葬儀のサービスが特徴です。
口コミや評判を結論すると、クレームなども見られず、利用された皆さんの感想は良いものだったと判断できます

また、葬儀コンシェルは全国一律価格で僧侶の手配もしてくれます。これは別料金のようですが、格安です。
そして病院からの搬出から火葬、納骨まで網羅したサービスを展開しているなど、手続きもしてくれる配慮が行き届いています。

葬儀コンシェルの口コミや評判が悪くない理由として考えられるのは、地元の葬儀社と多く提携しているため、地方の風習に合わせた葬儀が叶えられているのだと思います。

葬儀コンシェルジュと間違えやすい?


葬儀コンシェルと葬儀コンシェルジュは意味合い的には同じようですが、別の会社です。
葬儀コンシェルジュは東京都町田市にある葬儀場のことで、葬儀コンシェルとは何の関係もありません。

都市部で人気の小さな葬儀


葬儀コンシェルは小さな葬儀・葬式に力を入れています。
一人暮らしや親せきづきあいの少ない都市部の人々に人気で、
仰々しくしたくないという思いや、経済的な問題で、火葬のみの火葬式などにも対応し、
樹木葬、海洋葬、家族葬、一日葬など、本人や残された方々の都合に葬儀コンシェルは、寄り添ってくれます。

葬儀コンシェルの口コミ

葬儀コンシェルお一人目の口コミ
一般葬を利用
東京都在中A.Yさん
生前仕事でもプライベートでも多くの人と関わりがあり、慕われていた父のお葬式にはできるだけ多くの人をお招きしたいと思い、一般葬プランを選びました。喪主としての不安もいくつもありましたが、担当の方が一つ一つきめ細やかかつテキパキとプランニングをしてくだいさいました。当日は穏やかな気持ちでお見送りができ、感謝の気持ちでいっぱいです。会葬者の方々からもとても良い評判をいただき、父への思いを共有できる素晴らしい時間となりました。


葬儀コンシェルお二人目の口コミ
身内葬を利用
兵庫県在中K.Nさん
いつも明るかった妻が、自分より先に旅立ってしまうとは思ってもおらず、悲しい気持ちと葬儀はどこに頼もうかという焦りの気持ちでいっぱいでした。そんな気持ちの中、こちらの葬儀コンシェルさんに電話をしたところ、親身にどんなお葬式にしたいかを聞いてくれ、落ち着いて決めることができました。おかげさまで妻たしい華やかな花祭壇で見送ることができ、とても思い出に残るお葬式になりました。


葬儀コンシェル三人目の口コミ
家族葬を利用
青森県在中E.Sさん
料金がお安いため、プラン内容や当日の動きにも心配もありましたが、お電話をした時からお葬式の最後までとても丁寧親切に対応していただき、感動しました。以前お葬式を執り行った際は、知識もなく突然高額のお葬式プランを提案されてそのまま行ってしましましたが、あの時から葬儀コンシェルさんにお願いをしていればと思う限りです。

「葬儀コンシェル」と「小さなお葬式」を比較



小規模の葬儀を提供している会社として、葬儀コンシェル株式会社のエドリッジのライバルとして、株式会社ユニクエストの「小さなお葬式」があり、「小さなお葬式」は2006年から始めており、小規模葬儀斡旋業者としては、古参で広く知られているようです。

「小さなお葬式」は口コミでは賛否両論で口コミ数も多く、みん評では★3.5と悪くはありませんが、良くなかったという口コミは最悪のケースも書き込まれています

例えば、エバーリングを必要としていた故人に対し、なにもしないので、翌日には、遺体から水が出て、腐り始めたとか、

結局、お通夜をやることになり、追加料金をとられたというものです。

反面、素晴らしく小規模の心温まる葬儀ができたという口コミも多いです。

このように「小さなお葬式」の評価は分かれますが、結論を言うと、紹介された、葬儀社の質によるというものでした。

そこで、「小さなお葬式」と「葬儀コンシェル」で斡旋する葬儀会社はかぶるのかなど調べました

「小さなお葬式」は、大都市と地方県庁所在地に多く提携している業者が多いようです。
一方、「葬儀コンシェル」は、大都市と地方県庁所在地以外の市町村に多いようです。提携のかぶりは無いようです。

「葬儀コンシェル」では、JECIA(日本葬儀社格付機関)5つ星に認定された葬儀会社を優先的にご案内するなど、葬儀会社によるトラブルの回避に努力をしています。

また、葬儀コンシェルが葬儀会社を紹介するにあたって、葬儀ディレクターの在籍も確認できるようです。葬儀の知識や技能のレベルが一定以上あると認められた人に与えられる資格で。葬儀ディレクター技能審査協会が主催し認定を行うものです。

以下に、「葬儀コンシェル」と「小さなお葬式」の違いを表にしました。

種別 小さなお葬式 葬儀コンシェル
家族葬 488,000円 487,800円
一日葬 338,000円 337,800円
一般葬 638,000円 637,800円
火葬式 188,000円 187,800円
JECIA5つ星認定葬儀会社を優先的に案内 ×
葬儀ディレクター在籍葬儀社との提携
斡旋する葬儀社の数 全国展開 全国展開
口コミ評判 斡旋された葬儀社によるという評判が多い 不明

葬儀コンシェルのおおまかな特徴

葬儀コンシェルは業界最安水準の価格設定で、満足いく葬儀サービスを展開しています。そのエリアは広く日本本土全体に及び、多くの葬儀場、火葬場、地元葬儀社との提携をしており、低価格ながら行き届いた葬儀を展開しています。

葬儀コンシェルは、特に近年増えてきた小さな葬儀には定評があり、スマートに終活を終えることができる為、生前に事前予約をする高齢者も多いようです。

葬儀コンシェルのサービスの種類は、一番人気が「家族葬」。
そして通夜式から納骨まで滞りなく行う「一般葬」。
自宅で行う「自宅家族葬」。
親しい身内、のみで行う「身内葬」。
お通夜を省いた「一日葬」。
火葬のみのお葬式「火葬式」

があります。

では詳しい内容を見ていきましょう。

葬儀コンシェルの「家族葬」


家族葬


ご家族ご親族でゆっくり見送ることができるのが家族儀です。
通夜式→告別式→火葬
通常価格:492,800円(税込)
事前お申込みと葬祭費補助金制度の申請で最大75,000円引きになります。
事前申し込み特別価格:487,800円(税込)
追加料金はありません
僧侶の手配は別料金です。
●こんな方にお勧め
ご家族やご親族でゆっくりと故人を見送りたい方。
費用を抑えながら、一般的なお葬式を行いたい方。

葬儀コンシェルの「一般葬」


一般葬


豪華な花祭壇で行う、一般的な葬儀です。
参列者の目安:80名〜120名
通夜式→告別式→火葬
通常価格:642,800円(税込)
事前お申込みと葬祭費補助金制度の申請で最大75,000円引きになります。
事前申し込み特別価格:637,800円(税込)
追加料金はありません
僧侶の手配は別料金です。
●こんな方にお勧め
搬送から納骨までを亡くなってから3日間で執り行うシンプルな一般葬で
故人とゆかりの方々を多くお呼びすることができるサービス
ご安置から納骨まで3泊4日なので、比較的シンプルな一般葬を希望の方にお勧め。

葬儀コンシェルの「自宅家族葬」


自宅葬


時間、参加人数などを気にせず、ご自宅でお葬式を行うものです。
通夜式→告別式→火葬
通常価格:392,800円(税込)
事前お申込みと葬祭費補助金制度の申請で最大75,000円引きになります。
事前申し込み特別価格:387,800円(税込)
追加料金はありません
僧侶の手配は別料金です。
●こんな方にお勧め
長年住み慣れた自宅での葬儀で、近隣の方の訪問にも都合が良く、
斎場を借りる必要が無い分葬儀費用が抑えられます。

葬儀コンシェルの「身内葬」


身内葬


身内と親しい方々で行う、温かみのある葬儀です。
参列者の目安:50名〜80名
通夜式→告別式→火葬
通常価格:592,800円(税込)
事前お申込みと葬祭費補助金制度の申請で最大75,000円引きになります。
事前申し込み特別価格:587,800円(税込)
追加料金はありません
僧侶の手配は別料金です。
●こんな方にお勧め
搬送から納骨までを亡くなってから3日間で執り行うシンプルな身内葬で
身内、故人と親しい方々でできるサービス
ご安置から納骨まで3泊4日で、身内だけでコンパクトにしたい方にお勧め。

葬儀コンシェルの「一日葬」


一日葬


お通夜を行わない、一日で行う葬儀です。
告別式→火葬
通常価格:342,800円(税込)
事前お申込みと葬祭費補助金制度の申請で最大75,000円引きになります。
事前申し込み特別価格:337,800円(税込)
追加料金はありません
僧侶の手配は別料金です。
●こんな方にお勧め
搬送から納骨までを亡くなってから2日間で執り行うシンプルな一日葬で、搬送からご安置で1日目、納棺から火葬までを2日目に行います。
お通夜が無いのでリーズナブルで、会葬者の負担を軽減できます。

葬儀コンシェルの「火葬式」


火葬式


火葬のみのごくシンプルな葬儀です。
火葬のみ
通常価格:192,800円(税込)
事前お申込みと葬祭費補助金制度の申請で最大75,000円引きになります。
事前申し込み特別価格:187,800円(税込)
追加料金はありません
僧侶の手配は別料金です。
●こんな方にお勧め
故人の希望などでお金のかからない葬儀を希望する方にお勧めです。
通夜や告別式はありませんが、納棺を執り行うので、故人との最後の時間を過ごすことができます。
1日目搬送、2日目納棺・火葬

代表的なQ&A


Q.お坊さんと付き合いが無いのですが、僧侶は紹介してもらえるのですか?
A.全国一律価格で家族葬・一般葬・身内葬・自宅火葬では160,000円(税込)、一日葬では、85,000円(税込)、火葬式では、55,000円(税込)でセットとは別料金になります。

Q.生活保護を受けていますが補助が出るときいていますその範囲でおねがいできますか?
A.可能です。自治体によりますが、約20万円の葬祭補助金が出ます。だからといって、すべての方に支給されるわけではなく、役所の判断になります。

Q.お清めの食事やお返し物は用意してもらえますか?
A.可能です。地域の風習にあわせた品をご用意します。食事は、1人前2,160円〜3,240円程度でご用意できます。

Q.相続や遺品整理は対応してくれますか?
A.お電話で何回でもお伺いします。遺品整理は提携の業者があります。

Q.病院で勧められた葬儀社の断り方はありますか?
A.お断りすることは可能です。葬儀社は決めてありますと病院へお断りをして頂けば大丈夫です。

Q.ペットの葬儀や納骨堂の紹介はできますか?
A.葬儀コンシェルではペットの葬儀の相談もできるようです。費用は合同火葬で1万円くらいだそうです。

葬儀コンシェルのデメリット


大都市や農村部には強いようです。地方県庁所在地では、市内の施設が提携していない場合が多いようです。
小さな葬儀で後悔しないか良く考えることも必要です。
葬儀コンシェルから斡旋された業者によってサービスが少し異なるようです。要注意が必要です。

葬儀コンシェルのメリット


小さな葬儀を得意とするので、費用を安くすることができます
戒名を付けないプランもあるので、安心して利用することができます。
斡旋される業者は、一般社団法人 日本儀礼文化調査協会(JECIA-ジェシア)が5星を付けた葬儀社を優先的に紹介してくれる。

資料請求やお急ぎの方は公式サイトへ
公式HPはこちら

葬儀コンシェルの対応エリア

離島を除く、全国各都道府県に展開しています。
エリアを調査すると、大都市と農村部には提携しているところが多く、なぜか地方県庁所在地都市には市内に提携している施設がみあたりません

例えば、前橋市、宇都宮市、水戸市の市内では提携はありません。

政令指定都市の広島市でさえ市内には提携施設がありません。

隣接した市町村、広島市だったら府中町の施設が提携しています。

公式サイトで資料を取り寄せましょう。

葬儀コンシェルの利用方法

公式サイトから資料請求、またはお電話で資料請求や相談ができます

公式サイトからメールで資料請求し検討する際、資料をデータでもらうこともできます。

メールには質問を書き込むこともでき、返信対応してくれます。

株式会社エドリッジでおすすめの寺院や墓園、納骨堂や葬儀形式の選び方などいろいろサポートしてくれるシステムで、様々にかかる費用をまとめることもでき、自分が死ぬ時のことを考えておくことに役立つ資料が提供され、わざわざ葬儀社へ行く必要がなく、ポイントをおさえる内容でその資料をもとに、電話サポートも受けられます。

普通の葬儀社では難しい注文にも対応し、高い費用を抑えてほしいなどの相談にも対応。

資料はよく読むことで、自分たちを問い詰める出来事に対し、方向性が変わる場合も相談できます。
急にお通夜をつけるなどの相談もでき、事前にプランを決めることにより、疲れることなく終活もできます。

葬儀コンシェルのお支払方法

葬儀終了後、現地にて現金で支払うことになります。
クレジットカードの分割払いにも対応しています。

僧侶を呼んでもらうには


お坊さんと付き合いが無い、お布施代が不安という方に
全国定額でお坊さんを呼べます
各プランとは別料金です。
主要八宗派:天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗本願寺派・浄土真宗大谷派・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗
のお坊さんが選べます。

定額料金

家族葬・一般葬・身内葬・自宅火葬にお坊さんを呼ぶ!
内容:通夜読経・告別式読経・式中初七日読経・炉前読経・戒名授与(信士・信女等)・御膳料・お車代・心付け
料金:160,000円(税込)

一日葬にお坊さんを呼ぶ!
内容:告別式読経・式中初七日読経・炉前読経・戒名授与(信士・信女等)・御膳料・お車代・心付け
料金:85,000円(税込)

火葬式にお坊さんを呼ぶ!
内容:炉前読経・戒名授与(信士・信女等)・御膳料・お車代・心付け
料金:55,000円(税込)

利用プランに入っているものの特徴


葬儀コンシェル独自のプラン料金内のもののみ明記、他社でプラン内のものは明記していません。

病院〜ご安置場所〜式場への寝台車(50kmまで)・ご安置料金・役所火葬手続き代行・式場使用料(50,000円まで)・お別れ花・司会スタッフ・運営スタッフ・出棺霊柩車(50kmまで)・マイクロバス、火葬場利用料(15,000円まで)・会葬礼状(枚数はプランによります)

料金に含まれないもの
お食事代・寺院へのお布施やお坊さんを呼ぶ費用・香典返礼品

葬儀コンシェルのお得な情報

事前予約で5,000円お安くなります。
また葬祭費補助金制度の申請で最大75,000円安くなります。

葬祭費用の補助金制度の詳細は



国民健康保険
補助金:3万〜7万円程度
申請先:市区町村窓口
提出書類:申請書・保険証・葬祭費の領収書・印鑑・預貯金通帳・口座番号の控え
申請期限:2年

後期高齢者医療制度
補助金:3万〜7万円程度
申請先:市区町村窓口
提出書類:申請書・保険証・葬祭費の領収書・印鑑・預貯金通帳・口座番号の控え
申請期限:2年

健康保険
補助金:5万円
申請先:全国健康保険協会の全国支部
提出書類:申請書・事業主の証明がない場合は死亡診断書の写しなど死亡の事実が確認できる書類
申請期限:2年

社会保険
社会保険の被保険者がお亡くなりになった場合、被保険者の勤務先を管轄する社会保険所、もしくは勤務先の健康保険組合に申請すると、埋葬料、埋葬費、家族埋葬料のいずれかが支給される。

埋葬料とは、被保険者がお亡くなりになった場合、ご家族に(被扶養者でなくてもかまわない)5万円が支給される。

埋葬費とは、お亡くなりになった被保険者に、被扶養者など埋葬料を受け取られる方がいない場合、実際に埋葬を行った人に5万円以内で埋葬に要した費用が支給される。

家族埋葬料とは、被扶養者がお亡くなりになった場合、被保険者に家族埋葬料5万円が支給される。


葬祭費用の相場


葬儀費用
日本は世界でも一番葬祭費用の高額な国で、全国平均が236万円です。
関東と中部の農村部が比較的低額で、反対に関東と中部の都市部が高額なのが特徴です。

寺院の費用と飲食接待費用を抜いた葬儀一式の費用の平均は150.4万円です。

葬儀コンシェルで、費用を格段に安くすることができますね。

資料請求やお急ぎの方は公式サイトへ
公式HPはこちら

葬儀で後悔しないための7つのアドバイス

@本人の意向を確認しておく


亡くなった本人が生前にどのような葬儀にしたいのか、もし聞けるのなら、希望を聞いておいたほうがいいです。

A事前に葬儀社を選んでおいて、必ず見積もりを出してもらう


葬儀コンシェルのように、追加料金が無い葬儀社を事前契約しておけば、スムーズな葬儀が行えます。葬儀で混乱するのは亡くなる本人も希望していないと思います。

B葬儀に呼ぶ人を故人に生前に決めてもらう


葬儀にだれを呼ぶのか、聞けるのなら、亡くなる本人に元気なうちに確認しておくことも大事です。自分の知らない本人ゆかりの人もいます。トラブル回避のためにも、名前と住所は控えておきましょう。

C故人の生前の宗派のことを知っておく


宗派や宗教によって葬儀の流儀が違います。
仏教ならほとんど似ていますが、キリスト教だと御仏前とはいわず、お花料となります。神道では、亡くなった日を喜ばしい日として悲しい話は一切しないという所もあります。
葬儀の流儀を宗派宗教に確認しておくことは大切です。

D葬儀コンシェルでコンシェルジュに相談しておく


しかし、実は突然なことが多いのが葬儀の特徴です。
そんなとき混乱しなしように、前もって専門家にアドバイスを受けましょう。

E埋葬地を用意しておく


いざというときに、埋葬地が無いと、合祀されてしまうこともあります。墓地や納骨堂、年間費などを調べて、本人の希望を叶えてあげましょう

F葬儀にかかる一連の役所手続きを確認しておく


葬儀にはいくつかの役所手続きが必要です。
補助金の手続きも可能ですから、本人と役所とコンシェルジュに確認して混乱の無いようにしましょう。

株式会社エドリッジの評判雑記

株式会社エドリッジの葬儀コンシェルのサポートの評判はいいとわかる
徹底した株式会社エドリッジのサポートは客の希望をまとめることに巧みなので、提携葬儀社選びもポイントを押さえることができ自分たちに合う所に決めることもでき、事前に行くことで、
本人が死ぬ前に、葬儀の希望を聞くのを心がけるだけで、よりよい葬儀を執り行う可能性が高まる
天国にいくことは、家族親戚では繰り返す度に混乱が起こるので
配慮にかく葬儀社を避けて評判の良い葬儀社に決まると信頼を増やす。
気が付くところでは、葬儀にかけるサービスを一家全員の事前契約を重ねると希望に向くサービスの期待度が上がる。
僧侶が戒名を渡すのをお金を払ってみているだけの葬儀は嫌ですよね。
株式会社エドリッジの評判が良いのも、良い葬儀社の紹介と低価格のサービスそして株式会社エドリッジのサポートが評判に繋がっていると確信します。
評判口コミの良い葬儀社にする。
親の墓を用意する。
事前申し込みは割引なので、そのために見積を依頼し葬儀失敗しない対策が必要です。
告別式を行わずお別れ会、偲ぶ会を催すケースもありますから火葬式もおすすめ。
友人に訃報を届ける連絡先のリストを作る、
故人の人脈やつながりを知るために、あとあと連絡するにも、トラブル発生の無いように、日頃メモ帳などにまとめておく。
宇宙葬、自然葬などの最近の散骨の流れその魅力は広がっています評判です。
記事取材にあたり3つの会社を調べました。株式会社エドリッジの葬儀コンシェルと小さな葬式そして葬儀レビです。
葬儀レビは葬儀社を紹介して紹介料が葬儀社から葬儀レビに支払いが行われるウェブサービスです。評判がいいのはエドリッジの葬儀コンシェルです。
依頼されるお客様お一人一人に専任のコンシェルジュが付くので、
要望や葬儀スタイルがエンディングコンシェルによって充実しています。だから口コミ評判が良い。
クレジットカード払いに対応しています。
葬儀コンシェルの公式ホームページでのオススメ情報
遺品整理、遺産相続の相談にも乗ってくれる。
相続人の遺産分割などの相談もできる。専任の弁護士がいる。
その他まとめて問い合わせできる。
母にエンディングノートを勧める。
葬儀には地域別マナーがある。
生活保護受給者のサポートもしてくれる。扶助適用には基本的に役所の判断による。
葬儀コンシェルが評判が良いのは、日本全国展開が実現しているところもある。
クレジットカードは一括払いと分割から選べる。
小規模の葬儀のスタンダードは家族葬。
骨壺も選べる。
逝去他界後30分以内に迎えにきてくれる。
最適なプランを申込の前に提案してくれる。
慌てる、取り乱すことなくコンシェルに任せることでたどり着く、葬儀を納めることができる。
法要は初七日までがプラン内。

株式会社エドリッジの情報

会社名 株式会社エドリッジ
事業概要 葬儀・法要サービス事業、寝台車の配車サービス事業、仏壇・位牌の通信販売事業
Tel・FAX Tel : 0120-545-669、(葬儀・法要の受付窓口。)、Fax : 03-6685-7727
メールアドレス info@sougi-c.com
所在地 〒111-0053 東京都台東区浅草橋2丁目27-11 木下ビル 3階
取引先銀行 みずほ銀行 浅草橋支店
設立 2014年3月
代表取締役 荒井淳

 

サイトマップ